屋号「Being」に込めた想い

「Being」の意味とは

Being=在り方の言葉の意味は

  1. 物事のあるべき姿。
  2. 現在ある形。ありさま。実情。

現在にある存在の仕方

「自分がどうありたいのか?」

私は悩んだ時はこの質問を

何度も何度も繰り返し、自分に問います。

それは答えは自分の中にあると信じているからです。

いつから何だろう?他人の評価を気にするようになったのは…

生まれた時は皆んなが自由でした。

人の評価の前に自分を素直に表現してきたはずです。

それなのに年齢を重ねると共に

相手の評価を気にしてしまいます。

何故でしょう?

私たちの欲求(本能)には

認められたいという承認欲求が存在します。

実は承認欲求には

他者評価と自己評価が存在するのですが

自信が無いと決めた人は自分への信頼はありませんので

いつしか他者の評価ばかり気にしてしまっている現状があります。

相手から褒めてもらった言葉を素直にいただいてますか?

人の評価を求めているのにも関わらず、

実際に相手からの言葉のプレゼントは素直に受け取らず、

お返しする方もたくさんいるのが事実。

日本は文化で ”謙遜”が美しいと言われてきました。

謙遜:自分の能力・価値などを低く評価すること。控えめに振る舞うこと。

これだけ自主性が問われている時代に謙遜という風習が適しているかどうかと

いうところです。

あなたは人から無条件に褒めてもらってた時、

そのプレゼントをどう受け取ってますか?

気づいてますか?そもそも人の評価も人それぞれです。

そうなんです。結構、人の評価を気にしているのですが、

実はその評価が正解かは疑問です。

価値観とはいかなる物事に価値を認めるかという個人個人の評価のこと。

個人個人の評価なのでこの世に全く同じ人はいません。

人の意見は大切です。

でも結果、答えを出すのは自分自身です。

自分の頭で考えて、悩んで出した答えであれば

うまくいかなくても

そこには自分を信じて結論を出したという「自己信頼」が生まれているはずです。

行動する前に大切なことは自分の在り方を知ること。

Being!!「本当じゃ自分はどうしたいのか?」

一人でも多くの人に気づいて欲しいという想いからBeingにしました。

 

悩んだ時は他人に相談するばかりでは無く、

自分の心にも問いかける時間を作ってくださいね^0^/

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA